Pure☆写真館ブログ

更新履歴と雑記です

HOYA

スクエア写真ブログは毎日更新中!

Pure☆Square
http://ameblo.jp/purephoto/

ピュアなモデルさん募集中
http://purephoto.jp/

○ K-7 のリバーサルフィルム ○

PENTAX K-7 の新しいファームウェアが出たので、さっそくアップデートしました。

PENTAX 645D で搭載されたカスタムイメージ「リバーサルフィルム」が K-7 でも使えるようになりました。

「リバーサルフィルム」のアイコンは、フィルムに山の絵なのですが、ペンタックスの人は富士山ではなく、キリマンジャロと言い張っているとか。

※フジフイルムのベルビア調なので富士山です。

で、さっそく撮影してみました。

クロス
クロス posted by (C)Pure☆

PENTAX K-7 + DA 50-200mm F4-5.6 ED WR
正方形トリミング

ビルとクラウド
ビルとクラウド posted by (C)Pure☆

PENTAX K-7 + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL WR
正方形トリミング

かなりパンチのある絵になります。

彩度やコントラストなどのパラメータは、いじれないようになっています。
ホワイトバランスなどは変更できます。

K-x のクロスプロセスにも対応してくれたらありがたいのですが、それは後継機でしょうか。

☆ PENTAXシェア10%超 ☆

BCNランキング 2010/01
http://bcnranking.jp/news/1002/100204_16340.html

HOYA は K-x が 7.9% と K-7 の 2.4% で、10.3% です。
マイクロフォーサーズのパナソニックが伸びている中で、かなりいい数字です。

一方で、ソニーとオリンパスが伸びません。

BCNランキング 2009/12
http://bcnranking.jp/news/1001/100112_16184.html

BCNランキング 2009/11
http://bcnranking.jp/news/0912/091208_16052.html

α550 は 11 月 に 10 位 2.6% のあとは、ランク外へ。
E-P2 は 12 月に 9 位 3.5% で、今月はランク外(2.4%未満)。


相変わらずの2強と、安定して売れているパナソニック、
なんか盛り返しているHOYA、最初だけ売れるオリンパス、
インパクトに欠けるソニー。

ソニーは今年はなんかやってくれると期待したいです。

○ K-m のデジタルフィルタ ○

PENTAX K-m の売りのデジタルフィルタですが、なかなか面白いです。

細かく設定できるのと、フィルタの重ねがけができるのがとてもいいです。
重ねがけも順番によって絵が変わってきます。

ファームウェアが更新されて、正方形にトリミングできるようになりました。

PENTAX K-m + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II で撮影。

イーモバイル
イーモバイル posted by (C)Pure☆

正方形トリミング + 色抽出 + トイカメラ

冬の木
冬の木 posted by (C)Pure☆

正方形トリミング + ハイコントラスト + レトロ

夕焼けの空
夕焼けの空 posted by (C)Pure☆

正方形トリミング + ハイコントラスト + トイカメラ

東京武道館
東京武道館 posted by (C)Pure☆

正方形トリミング + トイカメラ

 

デジタルフィルタのなかに「カスタム」というのがあって、これはいくつかのフィルタと同様の設定が同時にできるのですが、「トイカメラ」では暗くしているところを逆に明るくする設定も出来たり、減光の形もいくつも用意されてて、やりすぎなくらい凝ってます。

○ PENTAX K-m 購入 ○

一ヶ月前に買っていたのですが、載せられる写真が無かったのもあって、やっと報告です。

K10D GP -> K200D -> K-m と、だんだんダウングレードしているような感じです。

メカ部分を強化した来年の K30 / K300 に期待?
(K-m はアメリカで K2000 という型番なので、もう後ろに D をつけないんじゃないかと思ってます)

ボタンを右側に集中させたのはよいです。
十字ボタンがやや小さい気はします。

右側に寄せた操作系は、幻の 645D が先だったりします。

デザインは K200D ではなく K20D 系で、引き締まった感じがよいです。

高感度の画質は、従来機よりは改善されているようですが、もうセンサーの限界でしょう。
文句はソニーへどうぞ(?)

ライブビューとか、連写とか、高感度の画質とかにこだわらなければ、長く使えるカメラだと思います。(短命だった K200D も同じことが言えるような)

さあやさん
さあやさん posted by (C)Pure☆
さあやさん2
さあやさん2 posted by (C)Pure☆

ポートレートの場合は、カスタムイメージを人物にしとけば OK な感じです。

○ フルサイズは開発してません ○

「K20D」と「K200D」の後継機を2009年夏前に投入
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/09/26/9317.html

いつも明快なペンタックスのインタビューがきましたよ。

DAレンズ対応機に関しては、基本的に3ラインナップで製品を更新していきます

それでいいと思います。

2009年の夏前には両製品の後継機を発売します。日本ならボーナス前、海外ならクリスマス前に新商品を出して欲しいという声が強いので、発売時期のターゲットは最初から決まっています。

半年以上先のことをもう言っていいのかという感じもしますが、予定が立てられるのでありがたいです。

可能性としては我々も常に35mmフルサイズセンサーの採用を検討はしていますが、具体的な開発は始めていません

絶対にやらないわけではないが、当分やる予定はないようです。

一時的に開発を中断したのは、社内の開発リソースの関係でしたが、ある程度、やらなければならない開発が一巡したので、取り組めるようになってきました。

645D の開発は再開のようです。

センサーメーカーと一緒に開発している面もありますから、今は詳しくは言えません。

技術革新によってフルサイズ並になるという技術的な見通しはあります

非常に気になりますね。

ソニーと開発するとは思えないので、どう考えてもサムスンでしょう。

K30D(?) は新センサー、K300D(?) は K20D と同じセンサーとかでしょうか。

K-m が秒 3.5 コマとなっているので、K30D の連写性能も良くなるんじゃないかと想像してます。

○ K200D で SDHC カードの性能調査 ○

PENTAX K200D で SDHC のスピードを
チェックしてみました。

レンズをつけずに Mモードで 1/4000 秒で撮影。

※個体差がある可能性があります。

RAW + JPEG 30秒

13枚 - A-DATA 4GB 150x
11枚 - Panasonic 1GB CLASS 2
10枚 - Transcend 8GB  CLASS 6
10枚 - Transcend 4GB CLASS 2
09枚 - PhotoFast 16GB CLASS 6
08枚 - A-DATA 8GB CLASS 6

RAW 30秒

16枚 - A-DATA 4GB 150x
13枚 - Panasonic 1GB CLASS 2
13枚 - Transcend 8GB CLASS 6
12枚 - PhotoFast 16GB CLASS 6
11枚 - Transcend 4GB CLASS 2
11枚 - A-DATA 8GB CLASS 6

A-DATA の 4GB (150x)と 8GB(CLASS6) で 50% も差があるのはなぜ?

Panasonic の CLASS 2 のカードがかなりいい成績です。

これでは、どれを買えばいいのかまったくわかりませんね。

○ ペンタックス終了のお知らせ ○

3/31 で合併なので「ペンタックス株式会社」は今日で最後です。

デジカメWatch のインタビューでも触れられています。

【インタビュー】2008年の戦略を訊く[ペンタックス編]
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/03/28/8206.html

あれこれ騒がれましたが、ちゃんとカメラ部門は継続される
ので、これからもいい製品を作ってもらいたいですね。

いつもながらペンタックスのインタビューは
読んでいて面白いです。

アスキーのインタビューもはっておきます。

苦労は2倍、しかしこだわれる──ペンタックス「K20D」と「K200D」の開発者に聞く(前編)
http://ascii.jp/elem/000/000/119/119820/

両方のインタビューを見ると、スペック競争ではなく、
ユーザーが使って満足するかどうか、みたいなところを
重視しているようですね。

すでにどのカメラも一定水準以上の性能が
備わっているので、スペックの数値で競争しても
あまり意味がないのかもしれません。

☆ ペンタックス元社長が復活 ☆

解職された元社長を顧問に HOYA (東京新聞)

HOYAとの合併をめぐる対立からカメラメーカーのペンタックスの社長を解職された浦野文男氏(64)が、HOYAの顧問に就任したことが5日、明らかになった。

異例ともいえる起用理由について、HOYA幹部は「ペンタックスの社内事情に詳しく、知識も豊富なことから、いろいろとアドバイスしてもらうため」と説明している。

浦野氏は技術部門での経験も長く、HOYAの顧問として合併効果を発揮するための提言のほか、経営や生産工程に関する助言をしている。

HOYA がカメラ部門もちゃんとやると見てよさそうです。

来年に新製品がいくつか出る噂も出てきているので楽しみです。

○ ペンタックス新展開 ○

HOYA、ペンタックスのコンパクトデジカメ事業縮小を検討(日刊工業新聞)

タイトルだけだと、ネガティブな感じですが、そうではありません。

コンパクトデジタルカメラ事業を今後2―3年で段階的に縮小する方針を固めた。商品の特色を打ち出しにくい低価格帯の商品が対象。

利益率が高いデジタル一眼レフカメラと交換レンズはカメラ事業の主力として継続、強化する計画。

6万―7万円以上のものについては、新たに商品開発する。カメラと写真に“こだわり”を持つ層に支持される商品の開発に注力する。

2010年以降は需要がピークアウトする可能性が高いとみて、高付加価値製品中心の品ぞろえとする。

ずいぶん先のことまで考えているのは、経営統合のいい影響でしょう。従来だと延々と安売りを続けそうな気がします。

デジタル一眼レフのほうは、強化するということなので、期待します。

◇ HOYAとケンコー ◇

HOYA とケンコーのつながりがよくわからなかったのですが、
日経ビジネスにわかりやすい図がありました。

HOYA、TOB合意後の「試練」

HOYA 創業者(山中茂氏)の息子(山中徹氏)がケンコー社長で、創業者の長女の夫の息子(鈴木洋氏)が現CEO とのことです。

∧ どうなるペンタックス 16 ∧

ペンタックスTOB受諾意向 再建策 評価得られず (読売新聞)

 ペンタックス内部では当初、強化策の発表によって、株価はHOYAが提案しているTOB価格(770円)を大きく超えるとの楽観的な見方が多かった。ところが、発表直後に株価は下落し、その後、760円台で推移していた。

 ペンタックスは14日にかけて改めて、綿貫宜司社長らが弁護士らも交えて対応策を協議した。その結果、このままでは6月の株主総会までに株価がさらに下落する可能性が高く、HOYAのTOB価格を大きく下回る事態に陥れば、「このところの顧客離れを含め、取締役の善管注意義務違反により企業価値を大きく棄損したとして、損害賠償請求や株主代表訴訟を起こされるリスクが高まる」(ペンタックス幹部)との判断に傾いた。

株価が大幅に上昇するような内容ではないと思いましたが...

このあたりの判断が甘い感じがします。

 株主総会に向けスパークスとの委任状争奪戦になれば、提案を否決できるか不透明であることも影響した。特に、第2位の大株主で12・61%の株式を持つ米投資顧問会社のフィデリティなどの動向が読み切れなかった。

 さらに、HOYAとの合併協議の基本合意の期限が切れ、他の企業との統合協議が可能になる6月1日以降、国内外の企業から統合提案があった場合、経営陣は、ペンタックスの株主にとって最も有利な提案を選択せざるを得ない。

 その場合、「国内企業とは限らず、中国や韓国などの企業に買収される可能性もあり、技術が国外に流出したり、一部の事業が切り売りされかねない」(ペンタックス幹部)との懸念があった。

中国・韓国などからの買収リスクもあるんですねぇ。

HOYA社内からは、「(合併の基本合意を覆そうとした)経営陣を残すことは不自然ではないか」との声もある。このため、TOB受諾をめぐる条件交渉が難航する可能性も残る。

現経営陣がどうなるかが興味あります。

∧ どうなるペンタックス 15 ∧

HOYAとペンタックス、TOB実施で月内合意へ調整 (読売新聞)

 両社のトップは16日に2度目の会談を行い、TOB実施に向けた詰めの協議を急ぐ。

 HOYA首脳は15日夜、「ペンタックス経営陣は(TOB受諾で)まとまるのではないか」との見通しを示した上で、「あすの会談ではペンタックス側から(受諾に向けた)条件が示されるかも知れないが、合意は月末までは待てない」と述べた。

 一方、ペンタックス幹部も同日夜、「なるべく早く合意したい。取締役もまとまるだろう」と、受諾に向けた意見集約を急ぐ考えを示した。

「まとまるだろう」ってのがなんか微妙ですね。

突然の方針転換がいまいち理解できません。

∧ どうなるペンタックス 14 ∧

HOYAのTOB提案 ペンタックス受諾意向 (読売新聞)

 精密機器大手のペンタックスが、光学ガラス大手のHOYAが示している株式公開買い付け(TOB)による経営統合提案を受け入れる方向で調整に入ったことが、15日明らかになった。すでにHOYAとペンタックスの筆頭株主である投資顧問会社、スパークス・グループにTOB受諾の意向を非公式に伝えている。ペンタックスの綿貫宜司社長とHOYAの鈴木洋最高経営責任者(CEO)は16日にもトップ会談を開いて統合問題を協議する予定で、TOBをめぐる具体的条件が協議される公算が大きい。迷走を続けてきたペンタックスの再建問題が決着に向かう可能性が出て来た。

 ペンタックス経営陣は11日に単独で生き残りを図るための経営強化策を発表したが、株価はHOYAが提案しているTOB価格(770円)を下回っている。株価がさらに低下すれば、大株主が株主代表訴訟を起こす可能性もある。ペンタックス内部にも「HOYAとの統合に匹敵する案を示すことは難しい」との見方が強まっていた。

 ただ、ペンタックスはTOB受諾の条件として、当初の合併計画を主導した浦野文男前社長と森勝雄前専務の取締役退任や、経営の独立性確保などを求めている。HOYAやスパークスが条件を受け入れるかどうかの調整は残っている。

前社長がやろうとしたことと同じことになってますけど、
クーデターはなんだったんでしょうか。

∧ どうなるペンタックス 13 ∧

ペンタックス、本社売却へ・HOYA統合代替案 (日経)

ペンタックスが11日に発表する企業価値向上策の概要が明らかになった。東京都板橋区の本社を売却するほか、プロ向けのデジタルカメラの開発を中断するなど低採算事業から撤退する。

プロ向けのデジタルカメラの開発を中断って 645 デジタルとか、フラグシップあたりでしょうか。

だんだんおかしくなってきましたよー。

HOYA の子会社になれば、中断はないということなんでしょうか?

∧ どうなるペンタックス 12 ∧

リンクと引用が面倒なので Googleニュース 見てください。(^^;

http://news.google.co.jp/news?hl=ja&ned=jp&q=%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9&ie=UTF-8&scoring=n

とても便利です。毎日新聞は引っかからないので注意。

今後の動きですが、

2007.04.16 [お知らせ] 平成19年3月期 決算発表は平成19年05月11日(金) 13時30分に行います。

ということで、金曜日に注目です。

市場が開いている時刻なので、発表後の株価の動きに注目しましょう。

∧ どうなるペンタックス 11∧

実力社長を解職 ペンタックス「4月革命」の次 (東洋経済)

「3月末まで取締役一丸となり合併作業を進めていた。解職された理由がさっぱりわからない」

「反対派の取締役は4人いるが、すべての黒幕は岡本だ」

創業一族出身の松本徹・元社長の義弟に当たる岡本育三常務こそが、首謀者だというのである。

「なぜ、お前が社長をやらないんだ」と岡本常務に詰め寄った。それに対して、岡本常務は「私は心臓が弱いので……」と固辞したという。

綿貫氏は浦野前社長の言う“4人組”に入っていない。つい最近まで「中立」を保っていたようだ。その綿貫氏がなぜ“反浦野派”に合流したのか。社長ポストをエサに誘われた可能性もある。

ペンタックスとHOYAは昨年6月ごろにも統合を協議し、合併比率が折り合わなかった経緯がある。その際、綿貫氏はHOYAとの交渉窓口を務めた。経営統合がいかにペンタックスの将来に有効かを、綿貫氏は熟知しているはずなのだ。

何がなんだかよくわかりませんね。

∧ どうなるペンタックス 9 ∧

TOBに反対、18日決議へ ペンタックス (東京新聞)

カメラメーカーのペンタックスは17日、光学ガラス大手のHOYAが提案している株式公開買い付け(TOB)に反対する方針を固めた。
18日に取締役会を開いて正式に決議する。TOBによる子会社化は、「対等の精神」による経営統合とはいえず、ペンタックスとしては受け入れられないと判断した。

HOYAがTOBに踏み切れば、一度は合併で合意した上場企業同士が、敵対的買収で攻防戦を展開する事態になる。

敵対的買収になったらニュースとしては面白いんですが...

HOYA はTOB 以外の方法も考えているようなので、それはなさそうです。

∧ どうなるペンタックス 8∧

ペンタックス:経営陣内紛 新経営陣、1日で変節 (毎日新聞)

反対派役員は前日にはあらゆる形態の経営統合を拒否する姿勢を見せていながら、経営の実権を握ると一転して「『広い意味での経営統合』は検討する」と態度を急変させたという。

反対派役員5人は9日、浦野前社長ら2人に改めて合併断念を申し入れ、どのような形でもHOYAとの経営統合は断念すべきだとする文書を手渡したという。

(翌朝、東京都板橋区の本社で開かれた臨時取締役会では)新経営陣は人事議案だけで取締役会を終えようとしたが、浦野、森両氏が「合併を断念するなら、きちんと決めて情報を開示すべきだ」と主張。議長になった綿貫新社長が受け入れ、前日の申し入れとは異なる「合併は断念するが、統合協議は継続する」ことを提案。議論の末「広い意味での統合」を検討することで可決されたという。

 「広い意味での統合」について、綿貫新社長は就任会見で「そこは今まさにHOYAと交渉中」と明言を避けた。しかしHOYA側は「そんな交渉は行っていない」(首脳)と首をひねる。

「期限前に一方的に協議を打ち切れば、契約破棄の責任を問われかねないことに気づいた新経営陣が、期限切れまで交渉を引き延ばす方便として『広い意味での統合検討』を言い出したのでは」(関係者)との指摘もある。

ずいぶんと詳細な内容が出てきました。

取締役の誰かがいっぱいしゃべっているんでしょう。

で、新経営陣はどうしたいんでしょうか??

∧ どうなるペンタックス 7 ∧

HOYAとペンタックスの統合問題、23日がヤマ場 (ロイター)

 HOYAはペンタックス側の真意を得る努力を続けるが、23日までにペンタックス側から返答が得られない場合でも、「一方的にTOBというのは乱暴だが、何も説明してくれないから(TOBを)やめるというのも変な話」(HOYA幹部)とし、敵対的TOBの可能性に含みを残している。

 ただ、ペンタックス側から納得できる説明が得られれば、検討したうえでTOBに踏み切る可能性が高い。ペンタックスの綿貫宜司新社長は10日の就任会見で「統合交渉に関与してこなかった」と述べたが、関係筋によると、ペンタックス側で統合の枠組みを作り上げたのは実は綿貫社長。それだけにHOYA側は「話し合えば分かってくれる相手」(HOYA関係者)と踏んでいる。

HOYAはペンタックスの技術力やひたむきな社風を評価しており、当初の計画どおり最終的には経営統合を目指す方針。TOBを断念した場合のシナリオもすでに考えており、同社首脳はロイターなどに対し「方法はいろいろある。今は手の内を明かせない」と述べた。

今の社長は、交渉には直接かかわってないけど統合の枠組みは作った、ということなんでしょうか。

反対派ではないといっていましたが、どちらかというと推進派なんでしょうか。

まだまだどうなるかわからないですねえ。

∧ どうなるペンタックス 6 ∧

ペンタックス綿貫新社長が会見 (デジカメWatch)

統合協議は継続ということのようです。

当分の間、大きな動きはなさそうです。

HOYA とペンタックスが出資して、メディカル関連の会社を作るとか、そんなところになるんでしょうか。

ところで...

ISの収益源はボディより交換レンズなので、デジタル一眼レフへのシフト戦略を立てた。レンズは素材さえあればすべて社内で作れるから、付加価値がすべて社内に落ち、貢献利益率が最も高い。ベトナム工場の生産能力を上げ、増産している

レンズは儲かるようです。

ニコンやソニーみたいに高倍率ズーム出しちゃうと、追加のレンズが売れなくておいしくないのに対して、DA Limited や魚眼ズームなんかは、メーカーにとっても良いわけですね。

あと 3 月下旬の予定だった
K10D の新ファームウェアはまだですかー?

∧ どうなるペンタックス 5 ∧

ペンタックス、10日に社長辞任とTOB反対決議へ (朝日新聞)

内紛の責任をとって辞任する意向を固めた浦野、森両氏は、役員室から別の部屋に移るように求められたという。

対立がすごいことになってきてます。

浦野社長は8日、全社員向けに、一通のメールを送った。「HOYAとの経営統合は、従業員にとっても株主にとってもメリットが大きいと考えています」

社内のやり取りがいろいろ漏れ出てきてますねぇ。

あるペンタックス幹部は「HOYAが欲しいのはメディカル(医療機器)部門だ」と指摘。部門別に解体された場合、「光学製品と精密機器が一体になって成り立っている光学メーカーとしての事業が、立ち行かなくなる」と、強い懸念を表明する。

ここが最大の懸念ですね。新会社ではカメラ部門を切り売りしにくいように組織を作っていたような気がしましたが、理解を得られなかったようです。

明日どうなるか気になるところです。

∧ どうなるペンタックス 4 ∧

☆★☆ペンタックススレッド Part27☆★☆
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/camera/1172275758/75

日経新聞の紙面で詳細な記事があったそうです。

*HOYAから合併断念決議への返答が有り次第、両社連名での合併の白紙撤回の発表予定(ペンタサイドの話)
*現在、ペンタ8人の取締役のうち、過半数はTOBに反対の意向。
*事実上の創業家で7〜8%の株を持つ松本家も合併反対・TOBには不賛同の意向
*ペンタ社内の不満が表面化したのは、1/22のHOYAの決算説明会で鈴木洋代表執行役がペンタのカメラ部門の売却の可能性について言及してから。
*ペンタが取締役会でTOB反対を決めた場合でも、HOYAが敵対的TOBで合併を進める可能性はある。
*統合が白紙になった場合でもペンタが単独で生きていけるシナリオはまだできていない。

これによれば、ネットで大騒ぎになった HOYA の人の発言が原因のようで。

対等な合併から敵対的TOB へ? どうなるかまったくわかりませんです。

∧ どうなるペンタックス 3 ∧

ペンタックス:経営陣が内紛状態 HOYAとの合併巡り(毎日新聞)

社長権限で取締役会での採決は見送ったが8人の取締役中6人が動議に賛成する意向を示したため、HOYAの同意を得たうえで10日にも合併の白紙撤回を発表する段取りだった。浦野社長も混乱の責任を取り、5月中に辞任する考えだった。

 しかし、HOYAは統合を断念せず統合手法を合併からTOBに転換、ペンタックス株主に統合の是非を直接問う方針を決めた。ペンタックスはHOYAからTOBの正式通知を受けた上で再度取締役会を開き、TOBに賛同するか協議するが、ペンタックスの対応次第では両社の対決色が一気に強まることも予想される。

うわー。なんかすごいことになってきますね。

∧ どうなるペンタックス 2 ∧

HOYAがTOBに転換・合併断念、4日に決議 (日経)

ペンタックスの取締役会で合併を断念する動議が可決され、通知を受けたHOYA経営陣が次善の策として急きょ選択した。HOYAとの統合に対するペンタックス側の「アレルギー」は強く、TOBを巡って取締役会は分裂状態にある。同社が受け入れるかどうかは不透明さを増している。

なんかややこしくなってますねぇ。

∧ どうなるペンタックス ∧

〔焦点〕HOYAがペンタックスTOBに変更、買収価格引き上げに市場の圧力 | Reuters.co.jp

理論株価を上回る状態がしばしばあり、市場はペンタックスにとって統合比率が低すぎるとのサインを出していたことになる。

HOYA と連動しないときがあって疑問だったのですが、こういうことだったのですね。

ペンタックスが拒否すれば敵対的TOBに発展しかねない。

ペンタックスが賛同しても、別の買収提案者が名乗りを上げる可能性もゼロではなくなった。ある市場関係者は「富士フイルムホールディングスや韓国サムスン電子など、ペンタックスのデジタル一眼レフカメラの技術・資産がほしい企業はある」と指摘。別の関係者はオリンパスの名前を挙げていた。

うーん、どうなることやら。

フォト蔵
posted by (C)Pure☆
使用撮影機材

K-30 シルキーホワイト

PENTAX Q
ダブルレンズキット ホワイト
(01 STANDARD PRIME)
(02 STANDARD ZOOM)

04 TOY LENS WIDE

PENTAX K-5
レンズキット

PENTAX K-r
レンズキット

PENTAX K-m White

K200D

D-BG3
《新品》 PENTAX *ist DSボディ
*ist DS
【新品】PENTAX *ist D ボディ_《カメラ専門店マップカメラならアフターケアも万全です!》
*ist D

FA35mm F2 AL

DA 35mm F2.4 AL ゴールド

ULTRON 40mm F2 SLII

FA77mmF1.8

AF360FGZ
シグマ ELECTRONIC FLASH EF-500 DG SUPER (ペンタックス用)【税込】EF-500DGSUPERPA-PTTL [EF...
SIGMA EF-500 DG SUPER

PhotoFast
16GB SDHCカード

8GB SDHCカード

Paintgraphic 2

Caplio GX100


RICOH R8
プロフィール

Pure☆

ほそぼそ写真を撮っているアマチュアフォトグラファです。
ピュアな女性のモデルさんを募集中です。

とけい
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
いろいろ




大きなサイズの写真
フォト蔵
Pure☆アルバム

いろんな写真
livedoor PICS

SNS(要ログイン)
mixi

嫌煙家バナー

メール
スクエア写真
毎日更新フォトログ
Pure☆Square

大きい写真
(フォト蔵)
スクエア写真
スクエア写真 by (C)Pure☆

その他
livedoor PICS
未定のお買い物

FA31mm F1.8 AL Limited


DA 21mm F3.2


DA 70mm F2.4

《新品》PENTAX DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED(IF)
魚眼ズーム

シグマ(SIGMA) AF30mmF1.4 EX DC HSM キヤノン、ニコンマウント在庫あります
30mm F1.4


AF540FGZ
  • ライブドアブログ